かしこいに

大阪府在住の大学生。写真、英語、書評、思いつき、考察など。

MMDモデルの規約に覚える違和感について

f:id:kasikoini:20170705135245j:plain

 

私の過去の経験かつバイアスだらけな記事ですので、「ふーん」と受け流してくだされば幸いです。下記の記事は「今」ではなく「過去」に考えていたことです。そういえばこんな風に考えていたなあっていうのを思い出して書いてみました。ですので支離滅裂気味です。自分の考えを整理するために書き出した以外に他意はないです。

 

 

私もMMDで幾つか動画を作り投稿したことがありますが、MMDモデルの規約にたまに違和感を感じるんですよね。
ずっと思っているのですが、「臭いものには蓋?」のような感じがしてならないのです。とりあえず、「常識の範囲内」で守ってねという、「うーん・・・?」といわざるを得ないような感じです。
つまり、誰もこの深遠な問題について議論しようとするどころか口に出すことすらしない、意図して避けようとしているような気がします。気がするだけかもしれませんが。

 

確かに公序良俗というのは非常に難しい問題です。刑法175条における「猥褻表現」の定義が曖昧であり、刑罰によって不合理的に表現の自由を制限してしまう恐れがある*1という意味でそれを裏付けています。

 

こうしてこの問題から避け続けた結果、「今のMMD動画ちょっと違和感ない?」という人が出てくるのは必然です。偶にこのような問題について触れているニコ動のブログ記事があるのですが、それらのコメント欄において、この問題について何も考えたことがないもしくは結局のところ現状維持で良いという、疑問符をつけざるをえないコメントを多く見かけます(偏見ですが)。
いってしまえば、モデラーの方にも考えてほしいのですが、本気で考えようものなら寧ろ公序良俗の問題を一生ものの職業にできるレベルで難しいのでこの問題に時間をかけられるわけないのは当たり前ですが。


といっても1番問題なのは視聴者なわけで、彼らの多くは子ども、それも男の子、つまり性欲が強い人が多いわけです。そうなると当然MMDに於いてもそのようなものを扱う動画の需要が高まるわけです。こうしてMMD動画作成者とMMDモデラーにある意味の公序良俗についての免罪符が与えられるわけです。

こんなことが状態化していれば、当然公序良俗について考える機会なんてあるわけない。というか既に状態化しているのでこれからもモラルは危険に晒され続けるでしょう。だから、上述のコメント欄において疑問符をつけざるをえないコメントがなくならない。


一口にいってしまえば、1人でどうにかなる話ではないんですよ。

 

需要者側は子どもたちが大半です。大人の人口はかなり少ないはずです。そうなると、上述したように当然その子どもたちの求めるものに合わせた方が再生数を稼げる。

下ネタやエロを混ぜたほうが当然彼らの多くは喜ぶからだ。現在存在している多くの動画のコメントを見ればよくわかる(偏見ですが)。

 

ではどうすれば良いのか。どうすればモラル、つまり公序良俗について考える機会を生み出し、モラルを高める事ができるのか。

 

一つ目はまあ、できなさそうですが、MMDを完全に有料にし、利用規約の厳格化に務める。彼らの多くは趣味でやっているはずです。そうなるとやはり時間をモデル以外のところには使いたがらない。だから規約で手を抜いてしまう。そこをどうにかしなければならないのですが、MMDを有料にすることであえてMMD動画製作者人口を減らして、本気でMMDをしたい人だけの少数精鋭の団体をつくってそこで議論をしてルールを決めるとうのが一つ目。これはまあ現実味がゼロですね。誰もが自由にというのがMMDの良いところなので。ですので一つ目の案は私も好きではないです。

 

2つ目、時の政治家に教育政策を改善するようお願いする。これが1番根本的な解決策ですね。モラルを高めたいなら教養を高めればよい。まあたったそれだけなのですが、それが未だ上手くいっていないのが日本であり、世界共通の問題なのですが。これは現実味はありますが、超長期的な話ですので実現する前にそもそもニコニコ動画がそもそもなくなるような気がします。

 

3つ目、ニコニコに規制してもらう。これはR18カテゴリある時点で希望がそもそもないです。

 

4つ目、モデラーと動画製作者でモラルの共通の規約を作る。

私はもはやこれしかないのではと思います。いわゆる憲法や法律みたいなものです。いくら感謝で溢れるとはいえ、個々のモデラーによって規約が少し異なると、ある使い方が大丈夫かどうかを個々に確認しなければならないのははっきり言って時間がかかって疲れる。共通の規約を作ったほうが間違いなく楽だし、新規モデラーもいちいち規約を考えなくてすむ。

ただし、包括的抽象的具体的にMMD全体の問題を見ないといけないし、関わる人の全てがコミュニケーションを緊密にとり議論を精緻に進めていく高度な論理能力が必要なので、一応の完成にもかなりの時間を要するでしょう。

 

 

ここまで4つ挙げてみましたが、結局のところ、誰かが問題提起をしなければ何も始まりません。ですので現役MMD動画製作者の方々がこの公序良俗、モラルの問題について、自信の意見を発信している記事を見ると、なんだか嬉しくなります。

 

*1  渋谷秀樹,2014,憲法への招待 新版,p109-116を改変かつ簡単に要約した。気になる方は読んでみてほしい。憲法の勉強にもなりますよ。